親がそうならもしかして

似るのは体質

困る人

食べることが好きな人はとても多くいます。日本には数多くの食べ物が存在し、季節ごとに違った食べ物が楽しめるなどバリエーションもとても豊かです。秋の季節もよく「食欲の秋」などと言われたりします。年中通しておいしい食べ物が楽しめることも日本の特色と言えるでしょう。しかし、どんなにおいしいと言っても食べ過ぎは禁物です。食事の後は血糖値が大きく上昇します。通常であればうまく代謝されていくのですぐに元に戻りますが、代謝機能が落ちている人は糖尿病にかかっていることがあります。高血糖が慢性化した状態で、倦怠感や激しいのどの渇きが症状として表れます。大食いの人やお酒をよく飲む人は糖尿病になる傾向が強いと言われています。それでいて運動不足であれば発症する可能性はさらに上がります。そして糖尿病は遺伝すると言われています。しかし、これは厳密には違っており、実際は遺伝によって糖尿病になりやすい体質になります。遺伝すると言われている理由の一つが、親子では食の好みの傾向が似ることです。お酒の飲み過ぎで糖尿病になった人の子は同じようにお酒をよく飲むようになりやすいため、結果的に子供も糖尿病になりやすいということです。不安な人は小岩の病院で検査をしてもらいましょう。初めて小岩に行くという場合では、小岩駅のすぐ近くにある病院がおすすめです。小岩駅周辺の地図をあらかじめ調べておけば道にほとんど迷うことなく着けます。健康のため、まずは自分の体を知ることから始めましょう。

社会問題になった成人病

ドクター

甘い食べ物は魅力的です。疲れた時に一口食べるだけで一気に疲れが吹き飛びます。そして、同時に一時の幸せな気分を味わうことができます。砂糖の中には人を幸せにする成分でも含まれているのかもしれません。しかし、糖分の取り過ぎは糖尿病と言う大きな問題を引き起こします。かつては中高年の人がかかるものと言われていましたが、今では若い人が発症することも増えて社会問題になっています。甘い物が好きな人は、ひょっとして自分もそうかもしれないと感じることもあるでしょう。糖尿病は発症したばかりの頃は大きな変化は表れません。しかし、血液中の糖分の量が多くなることで頻繁にのどが渇くようになります。それに伴って水を飲む量が多くなる、排尿回数が増えるなどの行動が初期症状として表れます。一見普通に生活を送っていると感じるため、周りが気づきにくいことも糖尿病の特徴です。これを放置して悪化させてしまうと神経系や腎機能に影響が出ます。感覚が鈍くなったり毒素の排出が正常にできなくなったりします。自分の血糖値が気になる人は小岩の病院へ行ってみましょう。小岩には糖尿病の検査をしてくれる病院がたくさんあります。中には主要駅のすぐ近くにある便のいい病院もあります。小岩の病院では血液検査をしてくれるため、自分の血中糖度を把握することができます。どんな病気においても自分の状態の把握は必須です。糖尿病によって起こる問題はインスリン注射ばかりではありません。これからの健康のために、小岩の病院を探してみましょう。

自分はどのタイプなのか

聴診器

自身が糖尿病かもしれないと疑ったときには、速やかに症状を診断してもらい、必要なときには治療をスタートさせることが大切です。小岩エリアにも、糖尿病を専門的に扱う医師はたくさんいますから、小岩在住の人は、まず診察を受けてみると良いでしょう。しかしその前に気になるのが「自分は本当に糖尿病なのか」「もしそうだとしたら、どんな種類なのか」という点でしょう。糖尿病の種類について解説します。糖尿病には、「1型」と呼ばれるものと「2型」と呼ばれるものがあります。「1型」の特徴は、生活習慣などに関連しないことです。膵臓の中の細胞が、病気やケガなどの理由で壊れてしまうことで、インスリンが作られなくなってしまいます。子どもや若い人にも多くみられる種類です。一方で「2型」は、多くの人がイメージする糖尿病の形と言って良いでしょう。生活習慣や体質が原因でインスリンの分泌量が少なくなってしまったり、その働きが鈍くなることで引き起こされてしまいます。日本人の糖尿病患者のおよそ9割が「2型」だと言われていますから、非常に身近な病気と言って良いでしょう。小岩のクリニックを受診して、もしも本当に糖尿病だと診断されたら、まずはどちらの種類かを確認しましょう。そして適切な治療を受けることが大切です。「1型」は様々な症状が急激に起こりますが、「2型」は非常に緩やかで気付きにくいという特徴があります。尿が増えた、疲れやすいなどの自覚症状があれば、小岩のクリニックを探し、検査を受けてみてください。