血糖値を下げる薬について

インスリンの役割を知ろう

病院内

今や国民病とも言われる生活習慣病の中でも、糖尿病は特に完治が難しく、長期に渡って治療に取り組む必要があります。糖尿病は血中のブドウ糖濃度が高くなりすぎる事により、血管が損傷し、様々な合併症を引き起こす病気です。糖分が正常に代謝されないため、最終的には尿にまで過剰な糖分が入り込んでしまいます。これが糖尿病と呼ばれる所以です。健康な身体であれば、血中のブドウ糖はインスリンというホルモンによって全身の細胞に運ばれます。糖尿病の方はインスリンの働きが悪くなっているため、血糖値が高くなっているんですね。低下しているインスリンの働きを補うためには、病院で様々な投薬を受ける必要があります。東京都江戸川区小岩には、糖尿病を専門に取り扱う医療施設があるのでお勧めします。小岩の専門外来であれば、患者の症状に応じた適切な投薬、副作用にそなえた経過観察、豊富な経験による安心の対応が期待できます。糖尿病治療で最も有名な薬といえば、食事前のインスリン注射です。即効性があり、どのような症状の方にも効果がある万能薬ですが、低血糖を起こす・インスリンアレルギーを起こすなどの副作用もあります。そのため使用においては、医師による定期的な経過観察が必要とされます。小岩の専門外来なら、小岩駅から徒歩で通えるため無理なく通院する事ができます。注射の他にも、様々な飲み薬があります。インスリンの分泌を促す薬や、インスリンの働きを活発にする薬、糖分の排出を調整する薬などがあります。投薬によるインスリンのコントロールは、血糖値を下げすぎてしまったり、逆に高血糖を引き起こしてしまったりと、バランスを取るのが非常に難しいです。信頼のおける医師による経過観察のもと治療を行いましょう。

危険因子のオンパレード

医療

統計的に見て、糖尿病は20代や30代ではそれほど発症しませんが、40代や50代では急激に発症率が増加します。糖尿病は肥満の人がなりやすい病気ですが、40才以上では実に25%の人がメタボ傾向にあるという統計も出ており、発想率の高さと密接に関わっているのです。中年太りという言葉があるように、この年代を境にして肥満になる人が増えますので、その意味でもこの年代の人が、糖尿病に掛かりやすくなります。さらに中年以降になりますと、若い時ほど活発に運動しなくなり、運動不足になり始める年代でもあります。また、中年以降では代謝酵素が減少して基礎代謝も落ちるのですが、食欲はそのままの場合が多いですから、揚げ物や肉料理などの高カロリーメニューを食べ続けますと、太る状況を一層招いてしまうのです。そのうえ、年齢的に重責のある仕事を任されることでストレスが増え、それを癒すためにアルコールも増えるなど、運動不足や肥満をはじめ、高カロリーやストレスといった糖尿病を呼び起こす危険因子を抱え込む年代でもあります。遺伝以外の理由では、それらが中年世代に糖尿病の発症者が多い理由と呼べるでしょう。一度でも発症すれば治療は長期化しますから、糖尿病はその前に食い止めることが何よりも肝心です。そこで、勤務先や自宅が小岩付近なら、小岩の病院で予防措置に取り組むのが上策になります。小岩周辺には糖尿病治療に従事する病院が整っているため、治療はもとより、糖尿病を防ぐためにも適した地域です。糖尿病は自覚症状が少ない病気ですから、合併症を引き起す前に、小岩の病院で糖尿病対策を講じておきましょう。

定期検診が必要な病気

カウンセリング

現代人に多い病気、糖尿病ですが、一旦疑いありと判断されたら定期的な検診が必要です。糖尿病で最も恐いのは合併症です。糖尿病に対する治療法は食事療法、生活習慣の見直が主となっています。また、糖の吸収を抑えたり、不足しているインシュリンの活性化を促したりする対処療法の薬も処方されることもあります。しかし最終的な完治はある程度難しいとされ、最も有効な対症療法はインシュリン注射と言われています。完治に繋がる画期的な治療法はまだありません。糖尿病になると、食事で摂取した炭水化物がインシュリンの分泌不足や反応低下によってエネルギーへ変換されにくくなります。私たちの体は、その不足分を蓄積されている皮下脂肪や筋肉から取り入れるようになります。結果、急激な体重減少が見られます。一方、エネルギーに変換されなかったブドウ糖は血液内に留まり、糖毒として色んな合併症を引き起こす要因となります。白内障や腎不全、最終的には手足の壊疽を引き起し、死に繋る怖い病気です。対処を怠った場合、エネルギー代謝の大きい若い人ほど早く重篤しやすい傾向にあります。身近な家族がこのような状態になったら心が痛みますね。ですが、活動的な若年層にインシュリン注射を強いるのも、生活に制限を与えることになりつらいものです。やはり、糖尿病は早期発見、疑いがあったら早期対処が不可欠となります。忙しい日々、特に自覚症状のないのに、定期的に検診に行くのは面倒ですが、小岩駅前の糖尿病の外来専用の病院では、通勤の途中に簡単に寄れ、予約を入れておけば待つこともありません。総合病院ですと、白内障の検査は、別途眼科で受ける必要があり待ち時間が長くなります。小岩にある外来専門病院では、内科から眼科まで糖尿病に必要な検査が一括で行われ大幅な時間短縮になります。本当に怖い病気の糖尿病ですが、いきつけの専門外来のクリニックを便利な小岩駅前で見つけておけば安心です。いずれも小岩駅から徒歩でアクセスできます。